RSS | ATOM | SEARCH
宮島旅行記その3。

つい最近、「10月ももう終わり」なんて挨拶をしたような?

 

もう11月が終わりの週になりました。早いもんです。

 

 

いよいよ宮島旅行記も2日目に突入です。

 

 

朝5時半起きました。6時くらいに窓から見えた景色。

 

目の前に宮島。

 

7時半から朝ご飯と姉たちと決めていたので先に温泉へ。

 

朝風呂は気持ちよかったです〜〜!

 

父は朝も「血圧がどうなるか、、」って入らず。

 

結局父は、到着して晩ご飯までの15分ほどしか温泉に入れず。

 

せっかく温泉にきてるのに、、、残念ですねぇ。

 

 

朝ご飯。洋食にしてみました。

 

まぁ、おかわりもしましたけども!!

 

9時にチェックアウトして、宮島口へ送迎バスで移動。

 

再びフェリーで宮島へ渡りました。

 

 

次は厳島神社へ。

 

 

私は御朱印を頂くのに並んでいたので、姪が撮影した写真を。

 

 

清盛の大河ドラマを思い出しました。

 

 

向こうに大鳥居が見えます。

 

 

これも姪っ子撮影。やっぱりデジタル一眼レフが欲しい〜!

 

 

五重塔と紅葉がいい感じです。

 

 

路面で売っていた焼き牡蠣。

 

レモン汁をかけて、美味でございました〜〜!(姉のおごり)

 

帰宅の新幹線の時間もあるので、宮島を出発。

 

宮島から広島までの移動ですが、、、

 

JRだと30分ですが、あえて1時間ちょっとの路面電車に乗りました。

 

まぁ、これがまたハプニングを呼ぶわけですが。

 

 

広島駅近くで食べたお好み焼き。

 

卵の下に、大粒の牡蠣が乗っております。

 

食べ終わって、父、姉、姪と私たちは別行動になります。

 

父の体力を考えて、3人は16時過ぎの新幹線で帰路へ。

 

私たちは、ここからは歴史のお勉強です。

 

私は中学生の時に広島へはきているのですが、2人は初めて。

 

 

ということで、原爆ドームへ。

 

 

痛々しい姿で今も建っていました。

 

やっぱりこういうものを目の前にすると胸が痛みます。

 

そこから、原爆資料館へ。

 

なんと本館が改修工事で閉館中!!!下調べは大切です、、、

 

何とか東館だけは開いてました。

 

 

平和記念公園の折り鶴たち。

 

 

まっすぐに見ると、向こうにドームが見えます。

 

 

オバマさんの折り鶴も展示されていました。

 

バスで広島駅に戻り、お土産を買って18時40分頃の新幹線に。

 

自宅に着いたのは21時半くらいでした。

 

とても疲れた旅でしたが、父との久々の旅行が出来て何よりでした。

 

 

author:nico, category:旅行記, 22:21
comments(2), -, - -
宮島旅行記その2。

宮島旅行日記、1日目の夕方となりました。

 

当初は15時にチェックインってホテルに伝えてました。

 

が、弥山より「16時には着けるかと、、」とホテルに連絡。

 

結局は17時前にしか着けませんでした。笑

 

お部屋は、たくさん泊まれる和洋室とツインの二部屋を予約。

 

本当は和洋室だけで6人泊まれたのですが、

 

父と夫がずーっと同じ空間ってのはお互いしんどいかなぁ、、と、

 

あえてツインも取りました。(ホテルのHPの写真より)

 

 

晩ご飯が18時からだったので、大急ぎで温泉へ!

 

まだナイトクルーズが控えていたので、20分ほどですが、、

 

気持ちよかったです〜〜!

 

準備に手間取った父は、15分くらいしか入れなかったようです。

 

というか、父はこの1回しか温泉に入れてません、、、涙

 

 

18時前に、和食のレストランへ移動。

 

 

まずは先付けと前菜。

 

とんぶり養老羹、蛸の汐辛、海老、柿チーズなどなど。

 

 

お吸い物のあとにお造り。しび、鯛、かんぱち。

 

マグロのことを「しび」というようです。

 

 

宮島牡蠣味噌仕立て。

 

大粒の牡蠣がとっても美味しかったです。

 

 

カニまんじゅう入りの牡蠣玉蒸し(茶碗蒸しっぽい)

 

牡蠣フライ、鰆、野沢菜ちりめん寿司、海老の湯葉巻き。

 

 

なます、しめ秋刀魚。

 

 

焼き穴子釜飯。ふわふわ穴子がたっぷりで美味しかったです。

 

 

デザートは小豆のプリンでした。

 

これ、姪っ子と娘がめちゃくちゃ美味しいって言ってました。

 

私と次女以外は、みなビールを飲んでいましたよ〜!

 

 

満腹になって一旦部屋に戻り、20時半からナイトクルーズへ!

 

父は「ごめんさせてくれ」

 

ということで、布団に入りました。

 

お酒が入ったので、危ないし〜ってことで、温泉にも入らず。

 

5人でナイトクルーズへ!

 

 

ライトアップされた大鳥居!

 

遊覧船?に乗って、オジサンの説明を聴きながら、、、

 

 

こんな風に、龍の遊覧船が鳥居をくぐります。

 

30分弱でしたが、とても寒かったです、、、笑

 

 

ホテルのロビーには、平清盛が出迎えてくれてました。

 

ぶ、ぶさいく、、、笑

 

 

部屋割りですが、、、

 

着いた時は、

 

「和洋室のトイレに近いベッドに父、隣に次女、

 

和室には姉と姪っ子、ツインには夫と私」

 

と決めてましたが、結局は次女が

 

「ジイチャンの隣で灯りつけて勉強できないから、、、」

 

って、ツインのほうにやってきました。

 

ツインのベッド、1つがダブルサイズだったので助かりました。

 

こんなところに着てまで、次女と二人で寝るとは、、、笑

 

 

あ、長女ですが、家出中なので、不参加です。

 

長女がここにいたら、こうしてただろうなぁ、こう言うだろうなぁ、

 

色いろと頭をよぎりました。すごく残念でした。

 

次は、2日目の旅日記を書こうと思います。

 

 

author:nico, category:旅行記, 21:09
comments(3), -, - -
宮島旅行記その1。

数日前から広島の天気を毎日チェックしていました。

 

18日が雨、19日がものすごく冷え込むとの予報、、、

 

こんなことなら、紅葉シーズンに拘らなければよかった。

 

色々思いましたが、雨の予報が少しずつずれていって、

 

寒さもそこまででもなく、無事に行ってかえってこれました。

 

写真がいっぱいなので、いくつかに分けて旅日記を、、、

 

 

11月18日(土曜日)

 

朝8時過ぎの新幹線さくらに乗って、いざ広島へ。

 

新大阪から鹿児島間を走っている新幹線なのですが、これはいい!

 

指定席が2列×2列で、座席もゆったりしているんですよ〜!

 

9時半頃に広島到着。JRの在来線に乗り換えて、宮島口へ。

 

宮島口で荷物を預かってもらい、宮島へフェリーで渡りました。

 

 

雨があがったり降ったりで、ものすごく天気が悪かったです。

 

 

遠くに厳島神社の鳥居が見えます。

 

宮島に渡り、歩いてロープウェイの乗り場まで移動。

 

 

途中に、ものすごく大きなシャモジがあったり、、、

 

 

11時半で予約していました。「まめたぬき」さんの定食。

 

穴子飯とカキフライのセット。どっちも美味しかったですよ〜!

 

 

鹿がいっぱいいました。奈良と同じで、人に慣れています。

 

 

紅葉がとても見ごろで美しかったです。

 

 

ものすごい人出でした。

 

 

ここは、紅葉谷公園と言います。まさに紅葉だらけ。

 

 

ロープウェイからの眺め。

 

 

クリックして拡大したら分かりますが、、、

 

父と私は、右下のロープウェイの昇降口の赤い丸の所にいました。

 

父は歩けないし、私も風邪の病み上がりで無理したらダメだと思い、

 

ほかの4人は弥山の山頂まで歩いて行きましたよ〜!

 

1時間ちょっと、父と私はコーヒーを飲んで待っていました。

 

その時間、父と色々話も出来たので、それはそれでよかったです。

 

 

結構晴れてきました。

 

とてもみはらしのいい場所でした。

 

 

帰りのロープウェイ。

 

 

燃えるような真っ赤な紅葉。

 

 

夕方、宮島口に戻るために歩いていると、ちょうど干潮時間!

 

海の中の鳥居が、引き潮で姿を現していました。

 

 

私たちは、晩ご飯の時間や、ナイトクルーズがあったので、

 

足早やにフェリー乗り場へ急ぎました。

 

 

次は、晩ご飯とナイトクルーズのことを書こうと思います。

 

 

author:nico, category:旅行記, 20:56
comments(2), -, - -
京都嵐山一泊の旅、その4。
さてさて。

二尊院が改修工事中だったので、また歩いて常寂光寺へ。



ちなみに、下の黄色い☆が旅館、左上のが二尊院です。



これが、常寂光寺の境内のマップ。



常寂光寺の山門。朝早かったからまだ人が少なかった。



仁王門。ここから石段が続く。



これは序の口。テクテク。。



多宝塔。ここからさらに上へ上へと。

このお寺は、百人一首に出てくる小倉山の中腹にあるので、

すべてが斜面。で、さらに展望台へテクテク。。。



 
(クリックで大きくなります。)

 
百人一首を編纂した藤原定家の山荘があったあたり。

嵯峨野を一望できる。いや、すごい疲れた。水一杯飲んだ。



山門までまたテクテク。

左は次女。右の外国人に「やぁ、元気?」な言葉をかけられた。

「し、しんどいです〜」とは答えといたけど。



この樹、妙に気にいったから撮っておいた。



寺社内で牡丹展をやっていたので、それも見てきた。



こんな感じの鉢植えがいっぱい置いてあった。



常寂光寺から10分ほどで、次は「御髪神社」へ。

頭と髪の毛の神様だそうな。

そこから、嵯峨野の竹林の小路へ。



下には人がいーっぱいだったので、下の方はカット。



延々と竹林に挟まれた路は続く。

このあたりで、トンボの竹細工を道端で売るオジイサンが。

そこに必死で英語で問いかける外国人登場。

「これ、カード払いできる?現金だけ?」な感じ。

困ってたオジイサンに次女がプチ通訳をして感謝されてた。



野宮神社。

ここは、昔、伊勢神宮に参る斎女が身を清めるために寄ったところ。

源氏物語にも出てきますねぇ。



野宮神社の絨毯苔。もちろん立ち入り禁止。



やっとこさ、天龍寺北門へ到着。

正面の門から入りたかったけど、順路的にこちらから。



正門に向かう参道の周りにはたくさんの花や樹が。



いきなりこの庭園内で、歌舞いてしまう人っているんだろうか?

(外人さんならやっちゃったりするのかしら??)



きれいな藤棚。 ここ、外人さんには人気だった。

(7割は外国の方だったような??)


天龍寺の曹源池庭園。見事な岩の配置。



天龍寺の方丈の雲龍の襖絵。この前でかなりじっくりと観てた。



曹源池庭園をパノラマで。笑



やっとこさ、正面の門までたどり着いた。



やっと嵐山の中心街に戻り、嵐山うどん「おづる」にて昼ご飯。

くみあげ湯葉の冷たいおうどん。美味しかったー!

そして次女念願の、貸ボートへ!

1時間1500円で、いざ大堰川へ。


必死で漕ぐ次女の腕。笑

かなり頑張った。向こうに見えるのは渡月橋。


泳げない私は、この深緑の水の色がとても苦手。



次女、ちょっと休憩して、ここから私が交代で漕いだ。

ちっとも進まず、行き交う屋形船の船頭さんから、

「頑張りやー!全然進んでへんでー!」って言われながら。。。


 
頑張ったから、二人で抹茶ソフトクリーム。

「京菓匠笹屋伊織」のと「桑や おのみやす本舗」のと。

どっちも美味しかったけど、笹屋さんのは抹茶が濃かった。

桑やさんのは、甘かった。

そして、家族やら友人(次女)へのお土産を買って。。


再びお風呂へ。風風の湯。

旅館の経営する外湯。無料券をもらったので。

いや〜、歩き回った疲れが吹っ飛んだ。
 

そして6時半頃嵐山の駅に。ここで嵐山とお別れ。



大阪方面行きのホーム。あぁ、帰りたくない〜〜!

1日前に戻りたい〜〜と二人で言ってました。


こんな飛行機雲が、発車の直前に見えました。

予定では8時半までには家に着くはずでした。

ところが、最寄り駅までの鉄道がなんと、人身事故で止まってて、、

1時間ほど電車で待機したので、家には9時半頃に戻りました。

楽しい楽しい1泊嵐山温泉の旅が終わりました。

 
author:nico, category:旅行記, 21:05
comments(3), -, - -
京都嵐山一泊の旅、その3。
4月25日月曜日、6時の目覚まし時計の音で目が覚めました。

朝ご飯からの寺院巡りの前に、お風呂に入ろうと二人で起床。


 
窓から阪急嵐山駅がすぎ目の前に見えます。


 
まずは貸切露天風呂から。煉瓦造りの茜の湯。

そして檜風呂の夢想の湯。

ここからさらに大浴場と大きな露天風呂へ。

1時間ほどゆっくりと次女とおしゃべりしながらヌクヌクと。
 
お風呂上りはこれ。

晩はアイスキャンディだったけど、朝はジョア。笑

でも、ご自由にって言われても、お腹がキュルルってね。

なので1本だけ。朝ご飯も待ってるし。

そして7時頃、晩ご飯を食べた食事処へ、、、


前日のうちに、和と洋を選んでおきます。

私は和。


 
次女は洋。

これにビュッフェ形式で京のおばんざいを色々と取ってくる。


 
写真を忘れてて、これしかなかった。

汲み上げ豆腐やら、湯葉を使ったものもあったし、茶粥もあった。

もちろん、鶏のから揚げとかもあったり。

満腹になり、部屋に戻り、服を着替えて忘れ物がないか確認して、

9時半にチェックアウト。



昔ながらの仲居さんがいないけど、居心地よかった旅館でした。

また泊まりたいな〜って次女と二人で言いながらパシャリ。

あ、荷物はここに預けて、嵐山周辺の散策に出発!



またもや渡月橋を渡り、嵐山の中心方面へ。

とりあえずレンタル自転車をやめて、徒歩で頑張りました!

テクテクと歩いて歩いて、、、



下の☆から上の☆までが往路。



途中はこんな感じで、、、



まず1つ目の目的地、落柿舎到着。

俳人・向井去来の遺跡で松尾芭蕉も訪れた場所。

ここにくると、なんだかホッとするのです。



本来人間ってこうあるべきなんだなぁって思わせてくれる。



芭蕉の句

五月雨や色紙へぎたる壁の跡



他にも、西行の句やら、もちろん去来、高浜虚子の句碑もある。

そして往路最終地点の二尊院到着。


 
ところが、本堂改修工事のため、本尊(二尊)が拝観できず。

あぁ、調べてくればよかった。。

ここの参道の紅葉は素晴らしいので、また秋にでも、、

と思いつつ、常寂光寺へ向かいました。


万歩計を持ってたら、近年歩いてない歩数を叩き出したはず!

ここでまだ11時前です。

二人とも一か所一か所をジックリ見てしまうので時間が足りない。

常寂光寺からは、また次回に。
 
author:nico, category:旅行記, 21:30
comments(3), -, - -
京都嵐山一泊の旅、その2。
京都の旅の1日目の続き。

旅館にチェックインして渡月橋へ散歩してから。

17時半からの夕食までに、まずは1回目の温泉へ。

部屋着として、ここは「作務衣」が置いてあった。

無料で可愛い花柄の浴衣も貸し出しがあって、次女はそれを。

17時半になったので、お食事処へ。



あまり飲めないので、ウーロン茶で乾杯!笑



前菜

うぐいす豆腐、白和え、姫竹、鯛小袖寿司、ごり有馬煮など



小鍋 合鴨の治部煮(煮る前)

鴨はちょっと苦手だった。。。



先椀  じゃが芋のすり流し

これ、冷たくておいしかった!



お造り 鮪、鯛、カンパチ



蛍烏賊のサラダ仕立て

これも美味しかった!



強肴 金胡麻豆腐



天ぷらは、注文し放題食べ放題。

でもそんなに食べられるわけでもなく。。苦笑



お口直しのメロンシャーベットがきて、2度目の乾杯。

ちょっと柚子ソーダにしてみました。(次女はウーロンw



お晩菜2品ずつをチョイス。

くみ上げ湯葉、鰊の南蛮漬け、じゃこと甘長唐辛子、

じゃが芋の鶏そぼろあんかけ



焼き物  鰆の味噌柚庵焼き



桜海老と壬生菜のご飯、香の物、赤出汁。



苺、枇杷、洋風汁粉

枇杷、久々に食べた!お汁粉も美味しかった!


ご飯がそれぞれの卓にジャーが1つずつ。。

全然食べきれず、残りを部屋に持ち帰りたかったけど、

「できません」と言われ、しょんぼり。もったいなかった。



食べ終わって、部屋に戻って、、これはエレベーター前。



廊下はこんな感じ。純和風になってました。

あまりに疲れて、1時間ほど部屋でゴロゴロウトウト。。

そしてまた二人で温泉へ。



これは貸切露天風呂。さすがに大浴場は写真撮れず。笑



お風呂上りは、、、ご自由に!



小さいアイスキャンディを1本食べました。



そして無料のお夜食の夜鳴きそば、桜餅。

23時過ぎに食べるって、もう不健康すぎ!!


ま、この日だけOKということで。

そしてまた部屋に戻り、目覚ましを6時にセットして就寝。

2日目は次回へ。
 
author:nico, category:旅行記, 21:48
comments(3), -, - -
京都嵐山一泊の旅、その1。
先日の京都一泊の思い出し日記を。

4月24日、8時半頃に家を出て、10時半頃に龍安寺に到着。



新緑あざやかな季節。



龍安寺は、石庭が有名。



コマーシャルとかでもよく使われたりしてますよね。

パノラマで撮影したらよかったなぁ。。。



すがすがしいほど広い。



人がいっぱいで、なかなか思った角度から撮影できず。



龍安寺内の鏡容池。

平安時代、この池に舟をうかべ、歌や舞を楽しんだとか。

ゆっくり見て回りすぎて、もうお昼過ぎに。

お腹を満たして、次は仁和寺(にんなじ)へ。



こちらも、世界遺産に登録されている。

残念ながら、観音堂が工事中だった。。。TT



白書院の松の襖絵。



池のある北庭。



五重塔。



御室桜。。。の木。

あと2週間はやかったら、ここには桜が満開で。。




一旦、旅館にチェックインを。

花伝抄(かでんしょう)という温泉旅館へ。



お部屋は和室じゃなくて、少し残念だったけど、綺麗だった。

少しだけ渡月橋へ散歩。



写真には写ってないけど、すごい賑わいでした。

半分以上が外国人だったような。



お部屋に戻り、晩ご飯までに温泉へ。

こういうカゴがあって、タオルやら着替えを入れていきます。

大浴場、露天風呂、貸切り風呂が5つあって、入りまくりました。

温泉好きの次女、勉強を忘れて、とっても楽しんでました。


ちょっと早い5時半からの晩ご飯のことは、また次に。

 
author:nico, category:旅行記, 21:03
comments(2), -, - -